ほうれい線は早い段階に予防しておくことでできにくくなる

ほうれい線は早い段階に予防しておくことでできにくくなる

ほうれい線は早い段階に予防をしておくことでできにくくなる

年齢を重ねるときになってくるのがほうれい線です。

 

ほうれい線は早い段階で予防をしておくことで、年齢を重ねてからもできにくくなります。できてしまったほうれい線を解消することは難しいですが、できないように早めの予防の方が簡単です。では、どのようなことをすればよいのでしょうか。

 

肌は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。ほうれい線は肌の弾力が低下することでできますが、肌の弾力を支えているのが真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンです。これらのダメージを与えるのが紫外線です。

 

紫外線には紫外線A波と紫外線B波があり、紫外線B波は肌表面に働いて日焼けの原因となり、紫外線A波は真皮層にまで到達してコラーゲンやエラスチンを変性させて弾力を失わせます。紫外線A波は窓ガラスを透過するので、室内でも紫外線対策が必要です。室内にいても窓際で仕事をするなど日差しを浴びるなら、日焼け止めを塗って対策をしましょう。日焼け止めにはSPFとPAが記載されていますが、SPFは紫外線B波をカットする力、PAは紫外線A波をカットする力を表しています。そのため、PA+++くらいの日焼け止めがおすすめです。

 

タバコは活性酸素を増やす原因です。紫外線を防いで活性酸素対策をしていても、タバコを吸っていては台無しです。タバコを吸うと末梢血管への循環が悪くなってシワが増えるというデータがあります。コラーゲンは繊維芽細胞というものから作られています。しかし、加齢に伴い成長ホルモンの分泌が低下し、繊維芽細胞の機能が衰えてコラーゲンの生成が少なくなってきます。

 

成長ホルモンの分泌を促すには良質の睡眠が必要です。成長ホルモンの分泌がもっとも活発になるのは、睡眠から3時間の深い睡眠のときです。質がよい睡眠をとることで成長ホルモンの分泌がよくなります。夜に明るい光を浴びると睡眠の質が低下するので、就寝2時間前には間接照明のような暗めの照明にして、スマホやパソコンをしたり、テレビを見ることを控えて質がよい睡眠を手に入れましょう。

 

コラーゲンをたっぷり含んだすっぽんサプリメントでも対策していきましょう⇒すっぽん小町の効果