着ている洋服の色はそのまま顔色に反映される

着ている洋服の色はそのまま顔色に反映される

着ている洋服の色はそのまま顔色に反映される

洋服は自分のセンスで選びますから、できるだけ若々しいイメージになる洋服を選ぶと言う方もそんなにはいないのではないでしょうか。

 

 

しかし、洋服は人目に付くものであり、着ている洋服によってかなり人の印象は変わるものです。洋服の中でも特に重要なポイントはデザインよりも色です。例えば黒っぽい色の洋服の人と、明るい色の洋服を着た人がいたとしたら、色的にですがどちらが明るいイメージでしょうか?当然明るい色の洋服の人の方が明るいイメージですよね。

 

 

実は着ている洋服の色はそのまま顔色に反映されると言われています。例えば青っぽい色の洋服は、顔色も青っぽく見えるような効果もあると言われています。ですから、できるだけ明るい印象で、明るい顔立ちに見せたい場合明るい色の洋服を選ぶといいと思います。

 

 

落ち着いたイメージに見られたいから黒を選んだ、と言うのは比較的若い方ならいいのですが、ある程度の年老いた方が落ち着いたイメージに見せたいと言うことはあまりあり得ないですよね。年老いた方は元々落ち着いていますから、それ以上落ち着いたいイメージにしてしまうと、逆に暗いイメージになってしまう可能性が高いのです。中高年以降の方はできるだけ明るく爽やかなイメージにする事を考えた方がいいでしょう。若々しい色の洋服を着て人に会うと、それだけで目立ちますし何となく話しかけやすいイメージになると思います。

 

 

洋服の色と同時に笑顔を心掛けると余計いいですね。いい洋服を着れば若く見えるわけではないと言うことは理解していらっしゃると思いますが、今後洋服を選ぶ際はできるだけいい服ではなく、できるだけ自分に似合って尚且つ明るいイメージになれるような洋服を選ぶと若々しいイメージを人に与えられると思います。明るい色にプラスして若々しいデザインにもこだわるとより効果的ですね。ただ、年相応の洋服を心掛けるようにしたいですね。あまりに年齢に合わない洋服は、周囲の人にいい印象を与えないと思います。